【プロフィール】サイト管理人 整体師フミの自己紹介

ついに始まった整体師による睡眠のお悩みを解決するコツをお伝えするブログ。

そのタイトルは「寝ながら体を整えるブログ」!!

睡眠の質が変われば人生が変わる!!私はそう信じております。

申し遅れました。私の名前は整体師フミと申します。

私のプロフィールはこちらになります。

自己紹介

この記事を書いた人

名前 フミ

整体師歴10年以上

延べ30000人を施術をする

保有資格 柔道整復師 保健体育教員免許 スポーツトレーナー 

40代 2児の父 奥さんと4人で暮らしております

ヒトの体の歪みがとっても気になり直したくなる整体オタクです

ブログを書こうと思ったきっかけ

なんで整体師の私が枕について書こうと思ったのか。

それは開業してから10年で延べ3万人の施術をさせて頂きました。

その中で多くのクライアント様が訴える主訴は「肩こり」「腰痛」でした。

日本生活病予防習慣協会によると、女性の有訴率で最も高いのは「肩こり」次いで「腰痛」、男性の有訴率で最も高いのは「腰痛」次いで「肩こり」でした。

なんと男女共に不調の訴えで多かったのは筋骨格系の症状だったのです。

私の整体院にも「肩こり」「腰痛」でお悩みの方が来院してくださっております。

そんな不調を訴えている方のお悩みを聞いていると、特に女性の方で事務系やIT関係のお仕事をする方は、肩こりに続いて頭痛を訴える方が多く、さらに「不眠」の問題も一緒に抱えている方がとても多いです。

以前はぐっすりと寝ていたのに不調が長引くにつれて段々と眠りが浅くなり、肩こりが激しくなり、朝起きても疲れが取れなくなり頭がボ〜っとする、そんな状態が長期間続くと気づいたら首が回らなくなってくる。

そして、肩こりと首の動かしずらさを我慢しながら仕事をしていると、いよいよ眠りも浅くなり、夜が寝れない、寝てもすぐに目が覚めてしまい本格的に睡眠時間が足りなくなって頭痛まで発生してしまう負のループに陥ってしまいます。

そして我慢できずに整体院にご来院してくださります。

きっと世の中の多くの方は、このようなお悩みを抱えながら日々忙しく過ごされているのだと思います。

そんな方々のお役に立てる方法はないかと考えた時に、流石に私の施術は遠くの方にはできないし、私なりに不調に悩んでいる方のお役に立ちたいと思案した結果、「睡眠の質」が向上する情報をお届けし、快眠に役立つ寝具の評価やレビューを整体師の目線から皆様に役立つ情報をお届けする事に焦点を当てて「寝ながら体を整えるブログ」を開設いたしました。

このブログでは皆様の睡眠をお助けする快眠グッズとして枕ご紹介させていただく事が多いです。

枕は、とても睡眠と関係が深いので枕について詳しく解説していきます。

なんで整体師が睡眠のブログを書くの??

なんで整体師なのに枕なの?って疑問を持った方もいらっしゃると思います。

それは、姿勢と睡眠には切っても切れない関係があるからです。

日々クライアント様の施術をしていると、肩こりや頭痛を訴えるクライアント様の姿勢や首の状態を観察すると、ほとんどのクライアント様はストレートネックを発生してしまっているのです。

ストレートネックとは文字通り首が真っ直ぐになった状態です。

ストレートネックになると首が真っ直ぐになり頭の重みが首にかかったり、歩いた時などの衝撃が首に響いたりと首への負担がとても大きくなります。

姿勢には大きく分けて二つのタイプがあります。

それは猫背タイプと反り腰タイプです。

二つの姿勢タイプ

①猫背タイプ

女性に多く背中が丸くなり頭が前に出てしまい、頭の重みが首に負担をかけて首の付け根や頭の付け根が詰まったような感じの肩こりが出てしまうタイプで頭痛を伴う事が多いです。

②反り腰タイプ

骨盤や腰が過度に前傾してしまい、背中や首も真っ直ぐになり、その上に頭が乗ってくるので歩いた時などの下からの衝撃が首に負担をかけてしまいます。肩コリや首の痛みを訴える事が多いです。

どちらの状態も結果としたら首がストレートネックになり負担をかけてしまうのです。

私の整体院に来て肩を解しても2〜3日経つと肩こりが再発してしまう事が多いので姿勢改善の指導をして根本的な問題を解決していただくようにしております。

姿勢に関わってくるのは重力と呼吸

重力

姿勢に大きく関わってくるのは重力です。

重力は立っている時と寝ている時では重力のかかりかたが違います。

立っていると頭の上から押されている状態になるので首に負担をかけます。

しかし、寝ている状態だと体全体に均等に圧がかかるので、首の位置がいい状態で寝る事ができれば姿勢の改善に繋がります。

そこで今の首の状態にあった枕を使っていただく事で長年の不調を改善できると考えています。

呼吸

次に呼吸です。

1日に2万回呼吸をします。

もし口呼吸などで乱れた呼吸をしていると体にはとっても負担がかかります。

しかし、枕選びの三つのポイントを押さえて枕を選ぶと、寝姿勢は改善され、口呼吸やイビキなども改善され呼吸も整ってきます。

整体師歴10年超のフミが教える!!「快眠」枕選びの三つのポイント

睡眠時間の人の人生の28年分と言います。

人間の人生28年分もある睡眠時の呼吸が変わる事で、きっと体は大きく変わります!!

まとめ

今回は整体マニアである僕の自己紹介と睡眠の重要性についてお話ししました。

体を整える事で体も変わり、睡眠の質も変わります。

そして快眠グッズとして質の良い枕を使用する事で「睡眠の質」が向上します。

これから、皆様の不調を改善し快眠できる為のお役立ち情報を発信していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。