快眠!!脳の老廃物を排出し「睡眠の質」を上げるセルフケア!!

「寝よう!!」って布団に入るけど頭の中で色々と考えてしまって、また今日も寝れない・・・。

って悩んでいる方は多いのではないでしょうか??

これは脳の老廃物が排出されずに起きる脳疲労の可能性があります!

脳が疲労すると眠れなくなったり、寝てもすぐに目が覚めてしまいます。

今回はそんな脳疲労と睡眠について解説して簡単なセルフケアの方法もお伝えします!!

すぐに実践できる内容でその日にグッスリと眠りにつく可能性が高くなります。

是非、最後までお読みください。

脳疲労と睡眠

こんなお悩みをお持ちではないでしょうか??

脳が疲労している可能性がある人

・いつも頭がボーとする(頭に霧がかかっている様な状態)。

・寝床に入っても頭の中で思考がぐるぐる回り寝付けない人。

・朝起きた時に頭痛がしたり、首の付け根が重く感じる。

・肩こりや頭痛がある人。

・最近、物忘れがひどくなった気がする。

こんなお悩みを抱えている方は脳に老廃物が溜まり脳疲労を起こしている可能性が高いです。

現代は様々な情報を直ぐに調べる事ができて便利になった反面、様々な選択をどんどんしていかないといけなくなりました。

スマホの普及により仕事や人間関係も複雑化し頭の中はいっつも何かを考えていて脳が休まる暇がありません。

すると脳はいっつも働いて、いる状態なので、脳に乳酸の様な疲労物質が溜まり脳が疲労してきます。

通常の状態だと脳の疲労物質は脳の血液である、脳脊髄液と一緒に吸収されるのですが、悪い姿勢で首が詰まっていたり、疲労物質が過剰に溜まると上手く排出されずにどんどんと脳に蓄積していってしまいます。

整体師フミ
整体師フミ

脳疲労がある方の首の付け根を触るとスゴく硬くなっている事が多いです。

脳脊髄液

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-12.png

脳脊髄液とは頭蓋骨と背骨の内を流れる血液みたいなもので血漿から産生され、脳の脈絡層と言う場所からこし出されるような形で頭蓋骨内〜背骨の中を循環してから、くも膜顆粒より吸収されます。

脳脊髄液の役割

・外界からの衝撃から脳を守る。

・脳の形を正しく保つ。

・神経に対する栄養補給

・脳の疲労物質を流す

などの役割があります。

脳脊髄液には上記の様な重要な役割があるので、もし脳脊髄液の流れが滞ると不調が出やすくなってきます。

姿勢が悪いと脳脊髄液が滞る

脳脊髄液の流れが悪くなる方がいます。

それは先に答えを載せてますが、頭が前に倒れている方です。

僕らの業界では頭部前方変位(Forward Head Position FHP)と言います。

FHPのポジションになると首と後頭部の境目が詰まってしまいます。

よくクライアント様でもここが凝ってると言われる場所です。

ここが詰まってしまうと流れが悪くなって脳の疲労が抜けずにくくなります。

姿勢を改善する事は「睡眠の質」を整える事に繋がります。

姿勢改善と睡眠についてはこちらを読みください。

良く寝れる!!姿勢が変われば睡眠の質が上がるセルフケア

「快眠!!」脳の老廃物を排出するためのセルフケア

では、ここからはセルフケアをやっていきましょう!!

やったその日から頭はスッキリすると思うので是非是やってみてください。

セルフケアを実践する姿勢

①イスに座って行う

②上向きで寝て行う

このどちらかで行う様にしましょう!!

どっちがいいのって感じですが、その日のコンディションややりやすさで考えていいかなと思います。

個人的には寝る前は寝てセルフケア。ちょっとした隙間時間にする場合は座ってセルフケアがいいと思います。

もし、お時間がある時は呼吸を整えていた方がより老廃物を排出する力も強くなりリラックスできるので、

こちらの記事も参考にされてみてください。

整体効果抜群!!「快眠」良質な睡眠のための呼吸法

セルフケア① 首の付け根を解しましょう!!

さてやっていきましょう!!

まずは耳の下側の首の付け根を解していきましょう。

ここは脳脊髄液の通り道なので重要な場所です!!

まずは手を広げて親指(人差し指でもOK)を耳の当ててください。

顎の方に向かって親指をずらしていきましょう。

するとちょうどくぼみに触れる事ができます。

この位置に指を置いたら少し強く押してみましょう。

いいポイントに当たっていたらちょっと気持ちいいと感じるはずです。

もし当たっていない場合は何も感じないと思うので、数ミリずらしていいポイントを探してみましょう!!

いいポイントを見つけたら、そのまま30秒〜1分間ゆっくりと優しく押し続けてください。

セルフケア②後頭部を解しましょう!!

次は後頭部と首の付け根をほぐしましょう!!

ここをほぐす事で脳脊髄液の流れが良くなります。

ここも親指でも人差し指でもやりやすい指でやってください。

手を逆さにして後頭部と首の付け根を手を置いてください。

ちょうど中央部に窪みがあるので、そこに指を置いてください。

軽く押すと気持ちいい場所があるので、そこを見つけたら軽く20〜30秒持続的に押し続けてください。

押し終わったら、次は指を外側に少しだけずらしていくと、また気持ちいい場所があるので、そこを見つけたら軽く20〜30秒持続的に押してください。

終わったら、少し首を回したりして可動域をチェックしましょう!!

回しやすくなっていたら首まわりが解れて、いよいよ頭蓋骨の調整をして脳の老廃物を排出しましょう!!

セルフケア③頭蓋骨調整(側頭部)

ここからは実際に頭を調整していきましょう!!

まずは側頭部です!!

ここは脳脊髄液の流れを促進するのにとても重要な部位です。

ここが整うととっても頭がスッキリするので是非楽しみながらやってみましょう。

両手を広げて側頭部の横に持っていきましょう!

指の力はなるべく抜いてください。

母指球が耳の真上に来るようにして、頭を包むように優しく手を添えてください。

全部の指で頭を包み込むように手を添えてください。

そのまま90秒間手を添えて置いてください。

指の力を抜いて優しく包み込むと頭蓋骨の膨らむを感じる事ができるので、なるべく力を抜いてください。

こんな感じでやっていきましょう!!

最初から上手くいかないかもしれませんが、段々と慣れてくるはずですのでまずはやってみましょう!!

セルフケア④前後頭部調整

側頭部の調整が終わったら次はいよいよ最後の前後頭部の調整に入ります。

ここまでやるとかなりリラックスモードで脳の循環も良くなっているので眠りも深くなるはずです!!

では、やってみましょう!!

手の指を広げて頭の前と後ろに置いてください。

指は力を抜いて広げてください。

一方の手は眉間の窪みに置きましょう。

手の平で下から掬い上げるように眉間の窪みに手を添えましょう。

後頭部の窪みに手を置きましょう。

手の平を首筋に添えてからゆっくりと後頭部の付け根まで滑らせてください。

後頭部の窪みに手が引っかかる感じがあるので、そこで止めましょう。

そのまま90秒間手を添え続けてください。

指の力を抜いて包み込むと頭蓋骨の膨らみを感じる事ができます。

なるべく指の力を抜いて優しく包み込みましょう。

以上が一連の脳の循環を良くするセルフケアになります。

慣れて指の力が抜けてくると、より頭蓋骨の律動を感じる事ができるので、ぜひやってみましょう!!

脳の老廃物を排出したら枕も変えてみよう!!快眠グッズ「THE MAKURA」

セルフケアは終わりましたか??

ここまで頭を整えるとスゴくスッキリしていると思います。

これから睡眠に入ろうって時に使い古した枕や廉価な枕では、せっかく体を整えたのが台無しです。

枕の質にもこだわってみましょう!!

僕も体験して感じましたが、廉価な枕と高級枕では明らかに眠りの質が変わります!!

ここでは、僕の整体院でも実際に使っており、整体院でも販売しておりご好評いただいている、

Cure:re「THE MAKURA」についてご紹介させていただきます。

せっかく脳の老廃物を排出してもご自身のお体に合わない枕を使っていたら、せっかく脳の老廃物を排出してまた詰まってしまいます。

特許構造取得の「THE MAKURA」は肩と頭で支えて頸部をサポートする構造になっております。

これによって首の詰まりを軽減し脳の老廃物の排出を促してくれます。

「THE MAKURA」の詳細はこちらの記事をお読みください。

キュアレ【THE MAKURA]を歴10年超整体師フミがレビュー[評価・口コミ総まとめ] おすすめする人・おすすめしない人

まとめ

今回は睡眠の質を低下する原因は脳疲労について解説していきました。

現代はストレス社会、そしてスマホの普及により脳にストレスがかかり疲労物質が溜まりやすくなっています。

さらに姿勢が悪い事により、老廃物が適切に排出されずに脳が疲労を起こしている状態になっています。

この記事ではそんな脳疲労物質を排出するセルフケアをお伝えいたしました。

読んだその日から実践できる内容です。是非実践してみてください。

睡眠でお悩みの方が一人でも多く改善される事を願っております。

[THE MAKURA]公式ホームページ

最大10回まで分割払い可能!